知らない不動産があった、なんてことが起こりえます

自分がどこに不動産を所有しているかきちんと把握されていますか?

亡くなられた方が「不動産」をお持ちの場合、注意していただきたいことがあります。
毎年、4月の下旬から5月頃に不動産の納税通知書が市役所や区役所などから届きますよね。

“知らない不動産があった、なんてことが起こりえます”の詳細は »

相続放棄をしたら、その分はどうなるのでしょうか

先順位の方が相続放棄をすると、次順位の相続人に相続権が移ります。

借金を残して親や親族が亡くなった場合、相続放棄という方法があります。
相続放棄ができるのは、相続権のある方ですので、まず誰に相続権があるのかが重要なポイントとなります。
“相続放棄をしたら、その分はどうなるのでしょうか”の詳細は »

借金を見つけても平気な相続における限定承認

限定承認をすれば、相続した財産だけでその債務を完済できない場合でも、自身の財産でもってその不足分を支払わなくても良いとされています。 

限定承認・・・・・・『 限定承認 』とは、被相続人から相続する債務を弁済する責任が、相続する財産の範囲に限定されるものを指します。

プラスの財産よりマイナスの財産が明らかに多い場合には、相続放棄をすればよいのですが、どちらが多いか分からない場合は、この限定承認を行います(ただし実際には手続きが煩雑であまり使われていません)。

限定承認をすれば、相続した財産だけでその債務を完済できない場合でも、相続人自身の財産でもってその不足分を支払わなくても良いとされています。
“借金を見つけても平気な相続における限定承認”の詳細は »

余り無いケースだが相続の回復請求権を述べる

表見相続人・僭称相続人・不真正相続人・・・・相続欠格者や本来相続人でないのに相続人を装っている人のことをいいます。これらの人が遺産の管理・処分を行っている場合、相続人は遺産を取り戻すことができます。
この権利を相続回復請求権といいます。民法 第884条相続回復の請求権は、相続人又はその法定代理人が相続権を侵害された事実を知った時から五年間行使しないときは、時効によって消滅する。
“余り無いケースだが相続の回復請求権を述べる”の詳細は »

相続で発生する祭祀承継とは?

先祖代々の系譜や祭具、墳墓等を「祭祀財産」とよんでいます。

葬儀費用はだれが負担するのか?など相続人の間でもめることがあります。
先祖代々の系譜や祭具、墳墓等を「祭祀財産」とよんでいます。
「祭祀財産」といわれていますが相続、財産的な意味はなく、
現金、預貯金、不動産等一般の財産には含まれません。
“相続で発生する祭祀承継とは?”の詳細は »

相続における生命保険金の活用とは

生命保険金の請求権は指定された人のみということになり相続の財産には含まれないことになります。

生命保険に加入していると死亡により保険金が支払われることは
皆さんご存知の通りです。

この生命保険金も相続財産にカウントされます。
“相続における生命保険金の活用とは”の詳細は »

ちょっと判りやすく言えば代襲相続とはこうなる

子供(孫・甥・姪)が代わって相続する権利を引き継ぐ制度のことで、代襲される者を「被代襲者」、代襲する者を「代襲者」といいます。

代襲相続とは、子供、兄弟姉妹が相続人となり、
その者が相続開始以前に亡くなっていたりした場合に、
その子供(孫・甥・姪)が代わって相続する権利を引き継ぐ制度のことで、代襲される者を「被代襲者」、代襲する者を「代襲者」といいます。
“ちょっと判りやすく言えば代襲相続とはこうなる”の詳細は »

控除できるものに相続ではどんなものがあるのでしょう?

遺贈により財産を取得したときに国内に住所がない人については、控除できる債務の範囲が限定され葬儀費用も控除することはできません。

相続人は包括受遺者であっても相続または
遺贈により財産を取得したときに国内に住所が
ない人については、控除できる債務の範囲が限定され
葬儀費用も控除することはできません。

○相続や遺贈によって財産を取得したときに
日本国籍を有していること

○被相続人もしくは財産を取得した者が被相続人の
死亡前5年以内に日本国内に住所を有したことがある
“控除できるものに相続ではどんなものがあるのでしょう?”の詳細は »

相続をむかえた時に受け取る簡易保険のこと

実印は受取人代表者を決める書類に押すものですが、この書類にはみなさんの住所と署名が「それぞれの直筆」 で必要です。

郵便局の簡易保険の死亡請求をする手続き

必要なものは、
・本人の戸籍謄本(再婚などでほかに子供がいる場合もあるため、生まれてから亡くなるまで全部)
・死亡診断書(市役所でもらってください)
・手続きに行く方の健康保険証(受取人代表者=窓口に行く人、のもの。コピーではなく原本)
・印鑑証明1通ずつ(お母様とお子様全員のもの)
・代表者選定届け書(誰が窓口に保険金を請求するか、ほかの相続人に同意をもらうもの)

遺族の運転免許証のコピー(本当は原本)は必要ありません。健康保険証の住所が現在の住所であれば。
“相続をむかえた時に受け取る簡易保険のこと”の詳細は »

みんなで仲良く相続の方法について共有すべき

分割協議の成立条件は、遺産分割協議は相続人のうち1人でも反対する人がいれば成立しないこととなっています。

自由に使用して処分するためには、相続財産を具体的に分割し
各相続人の財産としなければなりません。民法では、
分割協議は「遺産に属するものや権利の種類と性質、または
各相続人の年齢や職業などの一切の事情を考慮する」と定めているのです。
相続人の間で協議して分割することが必要です。
“みんなで仲良く相続の方法について共有すべき”の詳細は »

« 過去の記事