カテゴリー: この国の税金の制度の仕組みに精通せよ

相続における生命保険金の活用とは

生命保険金の請求権は指定された人のみということになり相続の財産には含まれないことになります。

生命保険に加入していると死亡により保険金が支払われることは
皆さんご存知の通りです。

この生命保険金も相続財産にカウントされます。
“相続における生命保険金の活用とは”の詳細は »

控除できるものに相続ではどんなものがあるのでしょう?

遺贈により財産を取得したときに国内に住所がない人については、控除できる債務の範囲が限定され葬儀費用も控除することはできません。

相続人は包括受遺者であっても相続または
遺贈により財産を取得したときに国内に住所が
ない人については、控除できる債務の範囲が限定され
葬儀費用も控除することはできません。

○相続や遺贈によって財産を取得したときに
日本国籍を有していること

○被相続人もしくは財産を取得した者が被相続人の
死亡前5年以内に日本国内に住所を有したことがある
“控除できるものに相続ではどんなものがあるのでしょう?”の詳細は »

公開します、相続税のちょっとした節約するポイント

贈与された金額は相続時に相続財産として加算され、相続税が計算されてしまいますよ

アパートと一体になっている駐車場は、
駐車場つきのアパートを建築する場合、駐車場が
アパートの居住者専用にすれば、アパートの敷地は
貸しつけ用の建物敷地である借家建付地として
評価し、居住用の建物が建っている敷地は更地と同様の
自用地として評価されます。
“公開します、相続税のちょっとした節約するポイント”の詳細は »