ちょっと判りやすく言えば代襲相続とはこうなる

代襲相続とは、子供、兄弟姉妹が相続人となり、
その者が相続開始以前に亡くなっていたりした場合に、
その子供(孫・甥・姪)が代わって相続する権利を引き継ぐ制度のことで、代襲される者を「被代襲者」、代襲する者を「代襲者」といいます。

代襲相続する場合

◎本来相続人となるはずだった者が相続開始以前に
死亡していた場合(被相続人と同時死亡を含む)
◎推定相続人の廃除された子供
◎相続欠格事由に該当された子供
代襲相続しない場合

親が相続放棄した場合は、代襲相続できません。
代襲相続する権利は、被相続人の子供の場合は、
「孫・曾孫・・・」と、続くこととなります。
一方、兄弟姉妹の場合は、一代限り、被相続人から見れば、
「甥・姪」までしか代襲相続しません。

◎養子縁組前に生まれた養子の子・・・「代襲相続しない」
◎養子縁組後に生まれた養子の子・・・「代襲相続する」
子(孫)がいれば子(孫)が相続人となる
(第1順位)
・ 配偶者と子が相続人の場合は、相続分はそれぞれ配偶者1/2,子1/2となります。
子が複数いる場合は子の相続分1/2を均等配分します。
・ 子が既に死亡していたり、廃除や欠格によって相続の権利を失っている場合は、それらの子(被相続人の孫)が代わりに相続します。

(代襲相続)
・ 子には、嫡出子だけでなく、非嫡出子、養子、胎児なども含まれます。
ただし非嫡出子の相続分は嫡出子の1/2です。
3. 子(孫)がなければ父母が相続人となる
・ 子や孫などがいなくて父母ともに亡くなっている場合は、祖父母が相続人となります。

さらに祖父母が亡くなっている場合は、曾祖父母が相続人となります。
4. 子(孫)や父母などがいない場合は、兄弟姉妹が相続人となる(第3順位)

認知症の相続人と遺産分割協議書のこと
母が認知症で2次相続のことを考えて子世代にに遺産を引き継がせる遺産分割はできるのでしょうか。
www.souzoku-shien.net/legacy/division/020.html

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む