相続放棄をしたら、その分はどうなるのでしょうか

借金を残して親や親族が亡くなった場合、相続放棄という方法があります。
相続放棄ができるのは、相続権のある方ですので、まず誰に相続権があるのかが重要なポイントとなります。
相続の権利は亡くなった方に、近い方から順番に発生します。
例えば、夫が亡くなれば、奥さんと子供に相続権が発生します。
まだ未婚で子供もいなければ、親、兄弟という順番に相続権が発生します。

そしてこのような立場にいる人たちが、相続放棄をする人になります。

誰かが相続放棄をしたら、その人は「いないもの」として相続権を考えることになります。
例えば、亡くなられた方の子供が、相続放棄をしたとします。
するとその子供は「いないもの」として考えます。

次に相続権のある人は親、ということになります。
子供も親も相続放棄をした場合、その子供と親は「いないもの」とします。

次に相続権のある人は兄弟姉妹、ということになります。
つまり、子供が相続放棄しない場合、親や兄弟姉妹には相続権がありません。
このケースでは、親、兄弟姉妹は相続放棄をする必要はないのです。
「でも、不安だから相続放棄をしておきたい」
と思っても、相続権がない時点では、相続放棄できないのです。

相続権のない方の相続放棄は認められませんので、もし家庭裁判所へ相続放棄の書類を提出しても、 家庭裁判所は相続放棄を却下されてしまいます。

«
»
 

トラックバックURL