カテゴリー: 突然の相続をむかえても大丈夫なようになる

借金を見つけても平気な相続における限定承認

限定承認をすれば、相続した財産だけでその債務を完済できない場合でも、自身の財産でもってその不足分を支払わなくても良いとされています。 

限定承認・・・・・・『 限定承認 』とは、被相続人から相続する債務を弁済する責任が、相続する財産の範囲に限定されるものを指します。

プラスの財産よりマイナスの財産が明らかに多い場合には、相続放棄をすればよいのですが、どちらが多いか分からない場合は、この限定承認を行います(ただし実際には手続きが煩雑であまり使われていません)。

限定承認をすれば、相続した財産だけでその債務を完済できない場合でも、相続人自身の財産でもってその不足分を支払わなくても良いとされています。
“借金を見つけても平気な相続における限定承認”の詳細は »

余り無いケースだが相続の回復請求権を述べる

表見相続人・僭称相続人・不真正相続人・・・・相続欠格者や本来相続人でないのに相続人を装っている人のことをいいます。これらの人が遺産の管理・処分を行っている場合、相続人は遺産を取り戻すことができます。
この権利を相続回復請求権といいます。民法 第884条相続回復の請求権は、相続人又はその法定代理人が相続権を侵害された事実を知った時から五年間行使しないときは、時効によって消滅する。
“余り無いケースだが相続の回復請求権を述べる”の詳細は »

みんなで仲良く相続の方法について共有すべき

分割協議の成立条件は、遺産分割協議は相続人のうち1人でも反対する人がいれば成立しないこととなっています。

自由に使用して処分するためには、相続財産を具体的に分割し
各相続人の財産としなければなりません。民法では、
分割協議は「遺産に属するものや権利の種類と性質、または
各相続人の年齢や職業などの一切の事情を考慮する」と定めているのです。
相続人の間で協議して分割することが必要です。
“みんなで仲良く相続の方法について共有すべき”の詳細は »