余り無いケースだが相続の回復請求権を述べる

表見相続人・僭称相続人・不真正相続人・・・・相続欠格者や本来相続人でないのに相続人を装っている人のことをいいます。これらの人が遺産の管理・処分を行っている場合、相続人は遺産を取り戻すことができます。
この権利を相続回復請求権といいます。民法 第884条相続回復の請求権は、相続人又はその法定代理人が相続権を侵害された事実を知った時から五年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から二十年を経過したときも、同様とする。

884条前段によれば、相続回復請求権は相続人またはその法定代理人が相続権を侵害された事実を知った時から5年間行使しないときは、時効によって消滅する、とされています。884条後段には、また、相続開始の時から20年を経過したときも消滅する、とされています。相続回復請求権は共同相続人相互間の相続権の帰属の問題についても適用されるとされています。共同相続人が他の真正共同相続人の持分まで主張する場合は、その範囲を制限しています。

★相続分の取戻権共同相続人の一人が遺産の分割前にその相続分を第三者に譲渡したときは、他の共同相続人はその価額及び費用を償還して、その相続分を譲り受けることができる、としています。(905条1項)。ただし、この取戻権は1ヶ月以内に行使する必要があります。(905条2項)。
民法885条1.相続財産に関する費用は、その財産の中から支弁する。ただし、相続人の過失によるものは、この限りでない。2.前項の費用は、遺留分権利者が、贈与の減殺によって得た財産をもって支弁することを要しない。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む