タグ: 取戻権

余り無いケースだが相続の回復請求権を述べる

表見相続人・僭称相続人・不真正相続人・・・・相続欠格者や本来相続人でないのに相続人を装っている人のことをいいます。これらの人が遺産の管理・処分を行っている場合、相続人は遺産を取り戻すことができます。
この権利を相続回復請求権といいます。民法 第884条相続回復の請求権は、相続人又はその法定代理人が相続権を侵害された事実を知った時から五年間行使しないときは、時効によって消滅する。
“余り無いケースだが相続の回復請求権を述べる”の詳細は »